ロボットの未来
について語ろう

RN 000207

グーグルがロボット部門を再編

グーグルのロボット部門を知っていますか? 2013年、東京大学発ベンチャーのシャフト(SCHAFT)や不整地でも難なく走行できる四足歩行ロボットを開発する米ボストンダイナミクスなどロボットベンチャー8社を一気に買収したことで話題を呼んだものの、実態はあまり知られていませんでし…続きを読む

RN 000045

意外な場所でドローン

世界中で実用化に向けて期待が高まるドローン。活躍が期待されている分野は測量、農業、点検、警備、配送などで、実際にサービスが開始しているところもある。そして意外にこんな分野でも、ドローンは活躍していた。

RN 000183

当たっても痛くない!サッカーボールみたいなドローン

ついにうちの甥っ子(6歳)もドローンが欲しいと言い出しました。ネットでチェックするものの、プロペラが4つ付いたヘリコプターのような姿はなんだかメカメカしていて、ぶつかったら痛そう。これを子供にあげるのはちょっとな・・・。 そんな時に見つけたのが、ベルギー生まれのかわいいドロー…続きを読む

RN 000136

さようなら、やかましい四つ足ロボットLS3

とりあえず大きい。そしてやかましい、動きが怖い・・・。 「キモかわいい」と一部で人気(?)だったGoogle (ボストンダイナミクス) の四つ足ロボットLS3、通称 BigDogが2015年末、評価試験を受けていた米陸軍から不採用を通知されました。最大の理由は、いかんせんエン…続きを読む

RN 000097

ロボットが嫌われる「不気味の谷」現象

テレビでおなじみ「マツコロイド」。本人そっくりのこのロボット、あなたは不気味に感じますか? 個人的には最初こそちょっと気味悪いなと感じたものの、番組でマツコデラックス本人と会話したり、バラエティー番組で本人同様キレッキレのコメントをしているのを見ると、だんだん違和感がなくなっ…続きを読む

RN 000095

ロボットが働く「変なホテル」

長崎・ハウステンボスの「変なホテル」。勇気あるネーミングのこのホテル、SF映画に出てくるような未来的なホテルなのです。 コンセプトは“究極の生産性”。中でもすごいのが、人件費カットのためにスタッフをほぼロボットにしていること。その甲斐あって、同規模の一般的なホテルに比べて人件…続きを読む

RN 000076

全自動「洗濯もの畳み機」Laundroid

毎日の洗濯のなかでも面倒なのが畳む作業。洗濯機と乾燥機は全自動なのに、どうして畳むのは手作業なのか……。 そこで紹介したいのが、世界初の全自動洗濯物折畳み機として開発中の「Laundroid(ランドロイド)」だ。   開発を手がけたのはセブンドリーマーズラボラトリー…続きを読む

RN 000041

コミュニケーションロボット、いつ使う?

CMでおなじみPepper(ペッパー)くんに代表される、 人間とコミュニケーションをして話し相手になったり情報提供を行ったりする「コミュニケーションロボット」。 IT市場のリサーチを行うMM総研が一般消費者を対象に行った意向調査によれば、「言葉を見たり聞いたりした程度」を含め…続きを読む

0051 / 0054
広告主募集
TARA
上に戻る