ロボットの未来
について語ろう

RN 000999

一家に一台欲しい!夢のような料理ロボット

【どんなロボットなの?】 Mark Oleynik氏がShadowRobotics社のロボットアーム用いて構築したロボットシステムで、器用に包丁やヘラを使用しながら材料をかき混ぜ調理し、さらには給仕まで行うことが可能です。 このロボットは、プログラムによってあらかじめ用意した…続きを読む

RN 001004

目には目を、鳥には鳥ロボットを!鳥害を防ぐ「Robird」

【「Robird」ってなに?】 「Robird」とは、オランダのクリアーフライト・ソリューションズ社が開発した、空の王者である鷲や鷹などの猛禽類をモデルにし、本物のように飛ぶことができるロボットです。 「Robird」は、鳥による農作物への被害や、バード・ストライク(空港周辺…続きを読む

RN 000984

ディープラーニングによって子供のように学習するロボット!「ダーウィン」「BRETT」

一体どういうこと? View post on imgur.com カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが行っている研究で、人工知能の一種とされる「ディープラーニング(深層学習)」により、ブロックの組み立てなどを自律的に学習したり、人間の子どものように「立つ」「動く」「バ…続きを読む

RN 000427

観光名所ロボットレストランの魅力と方向性

新宿歌舞伎町にある総工費百億円で外国人に大人気の「ロボットレストラン」。煌々と光るネオンの入口に立つロボットを見ながら地下に進むと、ロボットと女性ダンサーたちが繰り広げる新世界があります。ロボットレストランの価格は基本4,000円で、お弁当についてくるお茶以外の飲み物は別料金…続きを読む

RN 000444

アバター型ロボットの将来性

2016年2月、慶応大学大学院の舘暲教授率いる研究チームが、操作する人間と同じ動作をして視覚や聴覚、触覚を伝達する人間型ロボット(アバター型)の開発に成功したと発表しました。ヘルメット型、ベスト型、手袋型の各装置を身に付けた操縦者の身体の動きをそのまま模倣し、その動作によって…続きを読む

RN 000506

地域の「足」として期待されるロボットタクシー

高齢ドライバーは、判断が鈍りがちで逆走などもあり、免許の返納も奨励されていますが、公共交通機関が乏しい地域で運転ができなくなると生活基盤を失いかねなくなります。 ロボットタクシーは、そんな失われつつある地域の「足」を取り戻す試みの一つとして始まっています。想定されるロボットタ…続きを読む

RN 000519

乗り物というよりはペット? キュートなセグウェイ・ロボット

パリの街にセグウェイが現れたとき、「無理!」と思った。あれに乗って人ごみのなかで動きまわるなんて、怖すぎる。運転に注意を持っていかれて、観光どころではないだろう。   人は自分に必要な空間を、きわめて正確に把握している。スクランブル交差点を渡れるのは、他人との距離を…続きを読む

RN 000475

ロボットは人間の雇用を奪う存在か

自動改札、ETCなど、いずれも合理化とか、人員を有効に活用するといった美名のもとに導入されて久しいと思います。便利になったとの声が上がる一方で、人件費削減のため給料が減ったり、職がなくなったりという問題もあるのですが、厳しい経営環境の中、そのようなことは顧みられていません。こ…続きを読む

0036 / 0037
広告主募集
Sabeevo
上に戻る