ロボットの未来
について語ろう

RN 008645

四足歩行ロボットは役にたたない? アメリカはなぜボストン・ダイナミクスを日本に売った?

DARPAが多額の援助をして開発したボストン・ダイナミクスの数々のロボットは会社ごと日本企業に買収されてしまいました。税金の使い道に厳しいアメリカの納税者たちが、多額の税金を投入して開発したロボット技術を外国に売り渡すことを許すなんて、不思議だと思いませんか?

RN 008610

ロボットが楽しいから英語も楽しい! 「英語ロボット塾」ってどんなところ?

グローバル化する世界で活躍を目指す子どもたちにとって、欠かすことのできない「英語」。そしてもう一つ欠かせないスキルが「プログラミング」です。この2つを同時に学べるユニークな教室を2008年から開講されているのが、プロの通訳・翻訳者育成スクールを運営されている「インターグループ」です。今回は、世界にはばたく人材育成をめざす「英語ロボット塾」についてレポートします。

RN 008588

ロシアのロボットが州知事に質問?! 記事を書くAIはジャーナリストになれるのか?

ロシア・チェリャービンスクで行われたプレスカンファレンスで、ロボットジャーナリストのクヴァントゥムが知事に質問をしたそうです。
最近は、AIがスポーツや天気などの記事を書くようになってきましたが、遂に取材に行ける人型ロボットまで出てきたのかと驚きました。

RN 008537

もう新人教育に振り回されない? しかし、人手不足解消の代償は働きがい消失?

新人を育てても、独り立ちしそうになると辞めてしまう……そんなことの繰り
返しでは、職場全体が疲弊してしまいます。もし新人がAI搭載のロボットだっ
たら! 新人教育も1回で終わりです。しかし、それ以降、人間は伝統を受け継
ぐことができなくなってしまうかもしれません。

RN 008521

いま福岡が熱い! ROBOMASTERへ出場決定のFukuoka NIWAKAに注目!

世にロボットコンテストは数あれど、これほどまでに会場を興奮の「るつぼ」に巻きこむ大会はそう多くはないでしょう。今もっとも注目のロボコン「ROBOMASTER」に、日本から初めて出場するチーム「Fukuoka NIWAKA(ふくおかニワカ)」にお話を伺いました。

RN 008419

タコの皮膚を模倣した表面形状変形シートが開発される

アメリカの大学で、タコの皮膚を参考にして、表面形状を変化させられるシートが開発されました。タコは筋肉を収縮させて皮膚をたるませることで、体表に突起を作って形を偽装する能力を持っており、色の変化と組み合わせて様々な物に化けられます。今回開発されたシートはそれを模倣し、ゴム素材の内部に筋肉の代わりになるメッシュ素材を入れ、表面に様々な形状を再現することが可能です。

0002 / 0047
広告主募集
Sabeevo
上に戻る