fMRI
について語ろう

RN 007542

私の手は画面の中に:失った手足をVRで動かす技術の開発が進行中

イスラエルのIDCヘルズリヤで、手足を失った人がVR上で架空の手足を操作する技術を開発しました。この技術はfMRI(脳の血流をイメージ化するMRI)を使用した、BMI(ブレインマシーンインターフェイス)の一種です。BMIはエクソスケルトンや義手と組み合わせることで、四肢麻痺患者や手足を失った人が不自由を感じずに生活できるようにする技術になると期待されています。BMIの研究は盛んにおこなわれていますが、存在しない手も動かせることが分かったのは、大きな快挙です。

広告主募集
TARA
上に戻る