農業
について語ろう

RN 006460

爆弾探知技術を温室管理に転用した水耕栽培​用ロボット「Eddy」が登場

みんなが各家庭で、ロボットを使ってガレージや屋上で野菜や花を作る……。そんな社会を現実に近づける水耕栽培サポートロボット『Eddy』が、アメリカ・テキサスの企業『Flux Farm』によって開発されました。植物の生育状態を24時間監視し、小規模な温室での水耕栽培をより容易にしてくれることが期待されています。

RN 001876

リンゴをするっと吸いこんで収穫する農業ロボット

果樹栽培はほとんどが手作業で、省力化は大きな課題でした。収穫作業は特に重労働。その収穫作業を自動でおこなうロボットは、数社で研究が進んでいます。今回は、リンゴやナシを吸いこんで収穫するロボットをご紹介します。

RN 000255

無人トラクター、イチゴ収穫ロボ・・・農林水産業にロボット登場

高齢化が進む農林水産業界。人手不足を解決して生産性を上げていくため、ロボットの活躍が期待されている。 農林水産業と工業を連携させて新たなイノベーション創出を目指す「地方創生農林水産業ロボット推進協議会(以下協議会)」が、2015年12月2〜5日、東京ビッグサイトで行われた「2…続きを読む

広告主募集
Sabeevo
上に戻る