外骨格
について語ろう

RN 001843

ブレイン-コンピュータ・インターフェイスが脊髄損傷のリハビリに効果を発揮

ブレイン-マシン・インターフェイスとVR(ヴァーチャルリアリティ)システムを用いたおよそ1年のリハビリの結果、脊髄損傷によって下半身麻痺になった患者が、ある程度の運動機能と皮膚感覚を取り戻しました。ブラジル政府の支援を受けた「ウォーク・アゲイン・プロジェクト」の研究成果をご紹介します。

上に戻る