人工筋肉
について語ろう

RN 008173

自己修復する素材を使用したロボットをベルギーの大学が開発

ベルギーのブリュッセル自由大学が自己修復性のある素材を使用したロボットのマニピュレーターを開発しました。この素材はゴムの様な弾力性があり、ロボットの人工筋肉、及び指のグリッパーとして使われています。切り傷が出来ても40分程度80度の温度に加熱し、その後室温で冷却すると、24時間以内に切り傷が塞がって行きます。

広告主募集
Sabeevo
上に戻る