レスキューロボット
について語ろう

RN 007677

ツタのように伸びて要救助者を発見! スタンフォード大学のソフトロボットがすごい

建物の倒壊現場で瓦礫を取り除き、生存者を捜索するのは大変な時間と労力を要する作業です。ですが、スタンフォード大学の研究チームが開発したツタのように伸びるソフトロボットがあれば、捜索に要する時間が劇的に短縮されるかもしれません。

RN 002839

シンポジウム「ロボットができること ~今とこれから~」で、ロボット研究の最先端に触れよう!

10月30日(日)、レスキューロボットや産業ロボット、そしてロボットの未来について語りあうシンポジウム、「ロボットができること ~今とこれから~」シンポジウムが開催されます。ロボット大好きな皆さん、会場でお会いしましょう!

広告主募集
Sabeevo
上に戻る