テレイグジスタンス
について語ろう

RN 000444

アバター型ロボットの将来性

2016年2月、慶応大学大学院の舘暲教授率いる研究チームが、操作する人間と同じ動作をして視覚や聴覚、触覚を伝達する人間型ロボット(アバター型)の開発に成功したと発表しました。ヘルメット型、ベスト型、手袋型の各装置を身に付けた操縦者の身体の動きをそのまま模倣し、その動作によって…続きを読む

広告主募集
TARA
上に戻る