アバター
について語ろう

RN 011671

バウムクーヘンを職人レベルに焼く「THEO」アバターで遠隔操作も!

ケーキのように型に入れて焼くのと違い、バウムクーヘンは手間暇をかけて丁寧に作らなくてはいけないお菓子です。そんなバウムクーヘン作りの職人技を継承した、ロボットのような見た目のAIオーブンが開発されました!また、あるカフェではパスタを完全自動調理するロボットの開発に取り組んでいます。近年盛り上がるフードテックは日本でも動きがあり、大手企業が参画するプログラムも始まりました。

RN 011618

入力の反応速度は約0.02秒!人に最も近いロボットハンドを持つ「MELTANT」

まるで人間の手のようにしなやかな動きをするこのロボットは、繊細な作業だけじゃなく、重たいものを持つことだってできます。アバターロボットは人手不足など社会課題の解決にも役立ち、さらには″制約からの解放″をも実現してくれるかもしれません。

RN 011460

世界初!アバターロボット遠隔操作で一般人が街から宇宙にアクセス

″リモート″と聞くようになって久しい今日。地球上に限った話ではなく、宇宙へのアクセスに遠隔操作を活用する動きも見られます。また、アバターロボットを用いて宇宙空間での活用を目指す企業があり、賞金総額1,000万ドルの国際コンテストにはたくさんの日本チームが参加しています!

RN 010639

アバターロボットで修学旅行へ 社会インフラを目指す「newme」が実現する瞬間移動

現実世界で行動を制限せざるを得ない状況の中、人々はロボット・アバター・VRといったテクノロジーを活用して行動範囲を広げています。こうした「テクノロジーを駆使した体験」の先には、「テクノロジーで人間の能力を拡張」できる未来が待っています。

RN 002137

アバターロボットでつながろう! 子どもの闘病をテレプレゼンスでサポートするこころみ その2

病気や怪我で療養中の子どもを、テレプレゼンスで教室と結ぶこころみを、もうひとつご紹介します。
ノルウェーで開発されたAV1は、ポータビリティに優れたアバターロボット。双方向ストリーミングでクラスに参加するだけでなく、お友達と一緒にキャンプに行くこともできるんです。闘病中の「孤立」をなくしたいという願いのこもったロボット、AV1をご覧ください!

RN 000444

アバター型ロボットの将来性

2016年2月、慶応大学大学院の舘暲教授率いる研究チームが、操作する人間と同じ動作をして視覚や聴覚、触覚を伝達する人間型ロボット(アバター型)の開発に成功したと発表しました。ヘルメット型、ベスト型、手袋型の各装置を身に付けた操縦者の身体の動きをそのまま模倣し、その動作によって…続きを読む

広告主募集
TARA
上に戻る