RN 008889

【フォトレポート】写真で見るワールドロボットサミット【WRS2018】

2018.10.29  | 
WRITER:
あずさゆみ
 

2018年10月17日(水)~21日(日)の日程で開催され、盛況のうちに幕を下ろしたワールドロボットサミット2018の様子を、フォトレポートでお届けします。
ワールドロボットサミット(以下WRS)は、競技会「World Robot Challenge」、展示会「World Robot Expo」の二部構成。また、展示場内の特設ステージやワークショップ会場では、ロボティクスと未来を考えるさまざまな講演などがおこなわれました。

World Robot Expo

ロボット技術が社会に実装された未来の姿を発信する展示会、World Robot Expo。全自動で農薬散布をおこなうドローンやデリバリーロボットなど、近い将来わたしたちの生活に登場するロボットを間近に見ることができました。そのなかでも、特に興味深かった展示をご紹介します。

 

マスタースレーブあれこれ

災害現場で活躍する簡易遠隔操縦装置 by IHI

大規模な災害現場で重機を遠隔操作するためのユニット、「バックホウ向け簡易遠隔操縦装置ロボQS」です。操縦者は目視で現場を確認しながら、コントローラーを操作します。

油圧式ユニットを取りつけて、元々のレバーを直接操作します。専用のロボット重機を持ちこまなくても、現場に近いところにある重機が遠隔操縦できるのですね。各ユニットはそれぞれ10キロ程度なので、輸送の手間やコストもかかりません。作業者の安全が確保され、迅速に復旧作業をおこなえるのは心強いですね。

 

日本の伝統とコラボするプラットフォームロボット by SEED Solutions

ロボットと伝統のコラボレーションを見せてくれたのは、SEED Solutionsのプラットフォームロボット。ロボットを遠隔操作しての、枯山水の庭園造りを体験させてくれました。

ゴーグルでロボットの胸部カメラの映像を見ながら、腕と上体を動かします。

銀閣寺の庭園などを手がける京都・樋口造園の庭師さんによる指導の下、熊手で砂紋(さもん)を描き、景石(けいせき)を配してプチ枯山水のできあがりです。

ユニットや外観を自在にカスタマイズできる「プラットフォームロボット」は、アプリケーション次第でさまざまな用途に対応できるとのことでした。

 

気は優しくて力持ち? 人機一体

「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」というミッションを掲げる人機一体の展示です。かっこいいロボットとの握手会で人気を博しました。

大きくてちょっと無骨な印象を受けるロボットですが、なかなかに繊細な動きをします。こちら動き、たとえば握手の強さなども、正確にフィードバックされるとのこと。

操縦者はちょっと窮屈そうですね。

 

お役立ちドローン2選

人がおこなうには危険を伴う作業を、効率的にこなすドローンをご紹介します。

天井や壁にピタっ! インフラ検査専用ドローン by PRODRONE

PD6-CI-Lは、負圧を利用して天井や壁に張りつき、自走して検査をおこなうドローン。検査の様子はこちらのサイトでご覧いただけます。

 

農薬散布から生育状況のチェックまでこなすドローン by Nileworks

全自動で農薬散布をおこなったり、稲の生育状況をチェックしたりが可能な農業用ドローン、Nile-T18。現在は実証実験に入っており、2019年に発売される予定とのことです。

稲穂までの距離は30センチ。人が手作業でおこなうより均一に散布でき、ローターが起こす気流(ダウンウォッシュ)によって根本まで農薬が届くのだとか。タブレットで操作するため、目視できるところにいる必要はありますが、作業者の農薬被曝も抑えられるのは大きいですね。

 

さまざまな協働ロボット

協働ロボットは、従来の産業用ロボットより小型・軽量で、安全性にもより配慮が必要です。人と同じ空間で繊細な作業がおこなえる、協働ロボットたちをご紹介します。

 

みごとな点茶を披露したCOBOTTA by DENSO

西尾産のおいしいお抹茶を点ててくれたのは、DENSOの協働ロボット、COBOTTAです。

茶杓はさすがに持てないのか、お抹茶を入れるのは人の役目。協働ですから♪

お湯を注いで……。

茶筅を持ってお茶を点てます。細かく動いているようには見えないのに、きめ細かい泡がたっていきます。

けっこうなお手前でした。

調剤はおまかせ? DENSO × EXAWIZARDS

同じくCOBOTTAを使った、AIトレーニングのデモです。

ここでは塩を計量しています。およそ30回の試行で、ぴったり10グラムすくえるようになるとのこと。調剤現場などでの活躍が期待されています。

下は車の組み立てのデモです。最初に40パターン教えておくと、AIが応用を利かせて新しいパターンにも対応してくれるのだそう。

 

お寿司も書類もおまかせの宅配ロボット by ZMP

自動運転タクシーなどの開発で知られるZMPの宅配ロボット、CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)は、オフィスビル内での書類の配達や、お寿司の宅配などの実証実験を重ねてきました。

ちょっぴりレトロな外観がかわいいですね。

 

第三の腕 by 早稲田大学 岩田浩康研究室

手が足りないときに助けてくれる「直感的な随意操作が可能な第三の腕」。

たとえば、パソコン作業中に水を取ってくれたりします。

メガネに取りつけた赤外線センサーで距離を測定します。片腕2.5キロ。バッテリーなどを搭載して5キロになるとのことで、現時点では長時間背負って運用するのは苦しいでしょうか。

 

卓球コーチロボット by オムロン

世界初の卓球コーチロボットとしてギネス登録されているフォルフェウス(FORPHEUS)です。

詳しい説明動画はこちら。

 

倒れないバイク by YAMAHA

自機の状態をセンシングして不倒状態を保つMOTOROID。オーナーを認識して寄ってくるそう。オーナー以外が起動しようとしても反応しないなど、オーナーに忠実なかわいい相棒です。

説明動画はこちら。

 

World Robot Challenge

ロボットの活躍が期待される、ものづくり、サービス、インフラ・災害対応といった分野。World Robot Challengeでは、これら3部門にジュニア部門を加えた4つの部門で、ロボットの技術やアイディアを競いました。

サービスロボットのデモ。コンビニの陳列などをおこないます。

 

パートナーロボット。「持ってきて」と頼まれた物を探しだし、届けてくれます。

 

プラント災害予防チャレンジの様子。工場内の点検をしたり、エマージェンシー発生時に要救助者の捜索をおこなったりします。

 

トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ(バーチャル)の様子。

 

いかがでしたか? WRS2018のテーマは”Robotics for Hapiness”。わたしたちの生活をより豊かで快適にしてくれるロボット、安全を守ってくれるロボットに触れることができた5日間でした。2020年開催の本大会も期待大ですよ!

 

 

thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
Sabeevo
上に戻る