RN 008588

ロシアのロボットが州知事に質問?! 記事を書くAIはジャーナリストになれるのか?

2018.01.09  | 
WRITER:
irbis
 

12月20日、ロシア・シベリア西部の都市チェリャービンスク市でのできごとです。2017年締めくくりのプレスカンファレンスで、ロボットのクヴァントゥム(英語のquantum=量子)が質問に立ち、チェリャービンスク州知事ボリス・ドゥブロフスキーに次のような質問をしたそうです。

 

私はロボットジャーナリストです。2020年にチェリャービンスクで開催される上海協力機構とBRICSのサミットにボランティアとして参加したいのですが、可能でしょうか?」

Quantum

インタビューを受けるするクヴァントゥム(クヴァントゥムのVK(ロシアでよく利用されているSNS)ページより)

「いや、これインタビュー受けてるやん!」と思ったそこのあなた!

ち、違うんです。肩のところにスピーカーがあるのですが、会場全体に聞こえるほどの大きな音ではないので、「何か質問はありませんか?」と会場内をマイクを持って回っている人がさし出しているんです。本当です。

AIは既に様々な記事を書いているが……

記事を書くソフトウェアといえば、ナラティブ・サイエンス社のQuillオートメイテッド・インサイツ社のWordsmithがように、人間がぱっと見ただけでは法則性がわからない数値データを分析して、人間が読みやすい文章に書き起こすプログラムがあります。

 

たとえば、1種類のスポーツをとってみても、あらゆる地方の全ての試合の結果となれば膨大な量になります。企業の財務諸表など人間が一つ一つ分析して記事を書いたのでは、どうしても全社を網羅するには時間が足りません。一方、そういった記事には創造性はあまり求められませんよね。数字の正確さや、数値から見えてくる企業の先行きなど分析結果の方が重要で、決まった言い回しでも良いわけです。
しかし、記事が書けると言っても、プログラムですから姿形を持っているわけではありません。会社の外へ取材に出かけて行けるわけでもありません。

 

そのため、クヴァントゥムのニュースを聞いて、「遂にロボットも足で取材するまで進化したか!」と衝撃を受けました。頭に思い浮かんだ画は、カメラを肩に提げ、鉛筆で手帳にメモしながら知事に質問する人型ロボット……って、それは昭和の新聞記者のイメージ?!

新聞記者

ステレオタイプな新聞記者

 

……ロボットなら目がカメラ、耳が集音マイクになっていれば、手で文字を書く必要はありませんでしたね。
それにしても、自分でニュースの価値を判断して取材に行ったり、カメラワークを決められるロボットができているとすればスゴイ!

クヴァントゥムの本来の仕事は広告活動

しかし、さすがに自分でニュースバリューを判断して出かけられるロボットはまだできていないようです。
クヴァントゥムが所属しているのは、チェリャービンスクで新聞雑誌の発行、ウェブメディアの運営などをしているグラナダ・プレスというメディアホールディングです。グラナダ・プレスによれば、クヴァントゥムはあらかじめ用意された質問をしただけでした。
クヴァントゥムは、2014年から2年の年月をかけて作られました。主な仕事は広告宣伝です。タイプとしては、ソフトバンクのペッパーに似ていますよね。

 

冒頭のクヴァントゥムの質問に対し、ドゥブロフスキー知事は肯定的に捉えつつ、クヴァントゥムの動きを見ながら、
「もっとフットワーク軽く動けるようにならないとね」
と冗談を言っています。

クヴァントゥム。確かに、動きが少々カクカクしてます。(クヴァントゥム製作者アレクセイ・エルマコフのYouTubeページより)

2020年頃にはロボットジャーナリストも普通になっているかも?

とはいえ、既にAIに定型文が書けるのなら、その種類を増やせばいいのですから、そのうちフォーマットの決まった記事なら、どんな分野の記事でも書けるようになりそうです。

 

2020年の東京オリンピックに、一人前のロボットジャーナリストに成長したクヴァントゥムが取材に来たら人気者になりそうです。AIなら競技の開催されるタイムテーブルと交通機関の時刻表を照らし合わせて、もっとも効率的な回り方をはじき出し、全競技取材トライアルなんてしたらおもしろそうです。
試合の映像は会場備え付けのカメラで撮れても、アスリートがインタビューに答えるには、やはり話す相手が人型の方が話しやすいでしょう。当意即妙な会話ができるかどうか微妙ですが、多少ちぐはぐなやりとりでも天然ボケのようで、良い味付けになるかもしれないではありませんか。

 

ソース・画像:タス通信グラナダ・プレスクヴァントゥムVKページ

thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
Sabeevo
上に戻る