RN 000814

一家に一台「KEECKER」を!家庭用に作られたキュートなロボット

2016.05.19  | 
WRITER:
石井妙子
 

自宅にロボットがいたらいいな、と思ったことはありますか?

私は正直、ありません。

でも、我が家に一台いてくれたらいいな、と思うロボットに出会いました。その名も「KEECKER」! 見て下さい、この卵のように丸くてかわいいフォルムを。

KEECKER_1

こんな感じ!

クラウドファウンディングサイトのKickstarterで資金を募集したところ、目標の10万ドルを早々に達成。現時点で26万ドルあまりを調達し、プレオーダー受け付け中です。

開発したのは、元Googleのピエール・ルボー氏が立ち上げた米カリフォルニア州の同名のスタートアップ、KEECKER。世界初の「HomePod」を目指しているとのことで、家庭用ロボットと呼ぶにふさわしい機能を持ち合わせているのです。

プロジェクター機能

KEECKER_2

90インチのプロジェクターと、360°の3Dサラウンドスピーカーを搭載。自宅の壁や天井に、スマートフォンの動画やWebサイト、レシピなど好きな映像を投影できるので、自宅で映画館気分を味わうなんてことも。

KEECKER_6

KEECKER自体もAndroid(Android4.3)で制御されているため、GooglePlayから好きなアプリケーションをインストールしてプレイすることも可能です。

間取りを記憶して自分で目的地へ移動

KEECKER_5

スマホから行き先を指定

自動走行する車輪付きで、スマホから行き先を指定すれば、自分で動いてその場所へ。その姿は、スターウォーズのR2D2を彷彿とさせる可愛さです!

この機能を使えば家の好きな場所で映画の上映会をしたり、庭でパーティーのBGMを担当させたり、料理中にキッチンまで呼び出してレシピを表示させたり……使い方が広がりますね。

 

セキュリティ管理

KEECKER_3

KEECKERは360°カメラ付き。仕事中や外出中でもスマートフォンアプリから遠隔操作すれば、家の内部をモニタリングできてしまうのです。

温度・湿度管理

KEECKER_7

超音波、ジャイロスコープ、光センサーなど各種センサーを搭載し、空気の質、温度・湿度、さらに騒音なども検知。自宅の急激な温度変化(火災)侵入者を検知すると、スマホに通知する機能もあるようです。これは安心!

 

どうですか、ちょっと欲しくなってきませんか?

ちなみに本体のサイズは高さ40cm、幅28cmで重量が約12kg。

小さいけれど賢いロボットは、次世代の家電感覚かもしれませんね。

 

ソース・画像:公式サイトU-NOTETHE BRIDGE

thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
上に戻る