RN 005756

【レポート】うちにロボットが来たよ! (3)ダンスもできるロボット犬、CHiP

2017.02.16  | 
WRITER:
あずさゆみ
 
前の記事に戻る

DMM.comさんのインタビューに先だって、PalmiTapiaCHiPDOBBYをお借りすることができました。話題の家庭用ロボットに触れ、遊んでみた感想をレポートします。

CHiPは子犬型のロボット。開発元は、香港の玩具メーカーWowWeeです。まずは、こちらの動画をご覧ください。

どう見てもロボット。なのにとっても子犬っぽい

とにかく元気なワンちゃん、という第一印象でした。いきなり走りだしたり、ダンスをはじめたり。その場でくるくるとスピンすることもできます。足が車輪になっているので、機動性が高いんですね。
chip3
メカナムホイールであらゆる方向に動けます!

この、足を車輪にしてしまうという潔さ! 当然、本物の犬とはかけ離れているはずですが、なぜかとっても犬っぽいんです。
しぐさのせいでしょうか?
chip2
ロボットらしさと子犬らしさが、絶妙のバランスで共存しています。

子どもへのプレゼントとして

DMM.comさんによると、CHiPのユーザーは圧倒的にお子さんが多いそうです。たしかに、元気に走りまわるCHiPは、高齢の方よりお子さんに向いている印象です。
ほかのロボットに比べて手頃な価格なので、ファースト・ロボットによさそうですね。

個性が育っていく

CHiPのしつけは、腕時計のようなスマートバンドを介しておこないます。飼い主(オーナー)がどんな行動を喜ぶのかをCHiPに教えることで、性格が変化していくんです。
好きな名前を付けることもできるので、まさに「うちのペット」としてかわいがることができますね。

CHiPは、スマートバンドをつけている人を飼い主と認識します。スマートバンドをつけて部屋に入ると、CHiPが寄ってくる。これがまたかわいいんです! 甘えられると、愛着が湧きますよね。
smartband
CHiPへの命令はこのスマートバンドでおこなうほか、音声認識で「おすわり」や「ふせ」をさせることも可能です。スマートフォンのアプリでもスマートバンドと同じような命令が出せますし、コンディション(お腹が空いていないか、機嫌はどうか)をチェックしたり餌をやったりすることもできます。
app

犬らしい遊び、ロボットだからこその遊び

犬はボール遊びが大好きですよね。CHiPも、付属のスマートボールを使って「ボール取り(フェッチ)」をします。
CHiPが走る速度は予想以上に速く、とっても楽しい……のですが、集合住宅にお住まいの方は少し注意が必要かもしれません。音の感じ方は人それぞれですが、念のためフローリングよりカーペットの上で遊んだ方がよさそうですね。

 

CHiPはダンスをしたり、なんとヨガをすることもできます。ダンスをする犬はいるかもしれませんが、ヨガのポーズはロボット犬であるCHiPにしかできないでしょう。ほかにも、ユーザーとの交流を通じて新しい「ワザ」を覚えていくとのこと。なにができるかは、ぜひあなたが確かめてください! 実機に触れることができる販売店は、http://robots.dmm.com/で確認できます。

古来より、犬は人類の最良の友といわれてきました。CHiPもきっと、愛らしく忠実なお友達になってくれることでしょう。

 

▼ご紹介したロボットはこちらから購入可能です!

DMM.make ROBOTS

 

前の記事に戻る
前の記事に戻る

thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
TARA
上に戻る