RN 003013

ドローンレース&スマホで操縦にチャレンジ! マジカル福島イベントレポート・前編

2016.11.07  | 
WRITER:
あずさゆみ
 

11月4日から6日まで、福島県の各地で開催された「日本一大きな文化祭・マジカル福島」。最終日のイベントを、ロボットノートが取材してきました!

取材班が訪ねたのは、「ドローンレース×神旗争奪戦」と「ロボテスわっしょい秋祭り」の会場となった南相馬市の雲雀ヶ原祭場地。レポート前編では、ドローンに関する催しとアニメ『レスキューアカデミア』の制作発表をレポートします。

ドローン・インパクト・チャレンジ

福島に整備されるロボットテストフィールドでは、来年度よりドローン配送の実証実験がおこなわれることになっています。今回のドローンレースは、一般の人にドローンを知ってもらうまたとない機会になりました。
%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e4%bc%9a%e5%a0%b4

Drone Impact Challengeは、日本各地でおこなわれているドローンのレース。フラッグの間を通過したりゲートをくぐったりしながら、コースを周回してタイムを競います。

出場選手の皆さん。
%e5%87%ba%e5%a0%b4%e9%81%b8%e6%89%8b

ドローン。はじめて間近に見ましたが、意外と小さいんですね。
%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3

しかし、抜群の機動性。とにかく速いっ! 小さくて速くて、カメラで追い切れません。
%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e9%80%9a%e9%81%8e

操縦は目視またはFPVでおこないます。FPVはFirst Person’s Viewの略で、ドローンに搭載されたカメラの映像を見ながら、まるでドローンに乗っているように操縦すること。急旋回で酔っちゃったりしないんでしょうか?

fpv%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%ad

FPVの映像はこんな感じです。
%ef%bd%86%ef%bd%90%ef%bd%96%e7%94%bb%e5%83%8f

小さなコースを猛スピードで飛ぶので、クラッシュする機体も多数あり。カメラマンのすぐ傍に落下したものも(汗)。スリル満点でした。

神旗争奪戦

レース終了後、突如登場した大型のドローン。ドローン宅配の実証実験に用いられるのは、このタイプのドローンだそうです。
%e5%a4%a7%e5%9e%8b%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3

このドローンを使って神旗争奪戦がはじまりました。空中で2枚の旗が大型ドローンからリリースされると……。
%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

一斉にテイクオフ! 旗を奪いあいます。
%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%95

もう少し!
%e3%82%82%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%a3%e3%81%a8

ドローン操縦体験

スマホでコントロールするミニ・ドローンの操縦体験コーナーも。トライしてみました。
%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3
風に流されてしまい、なかなか思うように動いてくれません。
%e6%b5%81%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b
それでも、ターゲットの上空に静止して降下。無事お菓子をゲットしました。
%e9%99%8d%e4%b8%8b

レスキューアカデミア制作発表

つづいて、福島ガイナックスが制作するアニメ、『レスキューアカデミア――ロボットバディと世界を救え!』の制作発表をレポートします。

レスキューアカデミアは、救助活動に従事する「レスキュリスト」を目指す子どもたち&バディとなるロボットたちの成長を描くストーリー。南相馬市が舞台になっているんですね。制作発表ではキャラクターデザインが一部公開されたものの、まだ構想段階という印象を受けました。

考えることや勉強することが多くて、一番基礎になる部分は時間がかかると思うんですが、それだけ中身が濃くて厚みのある、エンターテインメントとして楽しめる作品にしていきたいと思っています。(福島ガイナックス代表取締役・浅尾芳宣さん)

 

ところで、この「レスキュリスト」という言葉、すごく気になります。一般的なレスキュア-(Rescuer)やRescue Teamではなく、敢えてレスキュリストという言葉を作ったことに、並々ならぬこだわりを感じました。災害救助はチーム活動なので名称もチームでくくってしまいますが(日本語でも救助隊員=a Rescue Team Memberですよね)、神的なスキルを持たせるという意気込みの表われとしての「レスキュリスト」かもしれませんね。どうですか、監督!?

この『レスキューアカデミア』、再来年からテレビシリーズとして発信できたら、とのことでした。今後の情報に期待しましょう。

 

 

ドローンレースや制作発表の様子は、ニコニコ動画でタイムシフト視聴することができます。ドローン・レース中のFPV映像を見ることもできますので、プレミアム会員の方はチェックしてみてくださいね。

 

レポート後編では、ロボテスわっしょい秋祭りに出展されたロボットをご紹介します。こちらもどうぞお楽しみに。

 

《画像ソース》

ニコニコ動画

 

前の記事に戻る
thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
Sabeevo
上に戻る