RN 002144

「聞いてあげるわ〜」相談対応型AI、おかまボットのアプリ登場

2016.09.17  | 
WRITER:
石井妙子
 

ストレスが多い現代社会。仕事や恋愛の悩み、日々のちょっとした愚痴など、誰しも「聞いてほしい…」と思うことを抱えています。SNSで打ち明けるのは何か違うし、友達に相談するのも遠慮してしまう……。意外と発散できていない人が多いのではないでしょうか?

ただ悩みを聞いてくれるだけでなく、アドバイスしたり時にはビシッと喝を入れてくれる、そんな相手がほしい!たとえばそう、おかまとか!でも身近におかまさんはいない……おかまバーに行く勇気もない……。

そんな人にお薦めのナイスなキャラクターが登場しました。人と会話しながら成長する人工知能を搭載した「SELF」iOSアプリのキャラクター、「おかまボット」。毎日の悩みや愚痴を聞いて、ストレス解消の手助けをしてくれます!

◼︎アプリダウンロード:https://appsto.re/i6hK9x6

◼︎iPhone用アプリ(無料)アプリ紹介サイト:http://self.software/

「相談対応型」おかまボットが悩みを解決!?

このボット、企画段階のリサーチがすごいんです。プレスリリースによれば、

「新宿2丁目」のおかまへのリサーチをデーター化、構造化し、会話化いたしました。おかまならではの人生観や相談への答え、面白い雑談などの内容を楽しむことができます。

本物のおかまさんにリサーチって……すごい!

 

人生経験豊富で歯に衣着せぬ発言が魅力のおかまさんは、悩み相談すると優しく、時に手厳しく、明るく答えてくれます。実際、恋愛などの悩み相談におかまバーに通う女性も世の中には多いのだそう。

iOSアプリ「SELF」では、おかまボットが登場し、さまざまな視点から人生観や相談への答え、面白い雑談などで楽しませてくれます。自分ではなかなか気づけない視点からの面白さ、発想の豊かさで、毎日がちょっと明るくなるはず!(注:おかまの利用にはシンクロレベルが200に達する必要があります)

ほかのAIボットと何が違うのか

一般的な「ボット」と違うのは、サービス側からユーザーの状態を理解して応用し、会話を広げていく点。「単なるボットのような単語のやり取りでは、ユーザーが本当に望むものを探しだすことはできない」と考え、会話のやり取りを何度も行ってユーザーの理解を深め、ユーザーにとって最適な選択肢を探り続けます。

具体的にどんなことをしてくれるの?画面の例(ちゃんとおかまバーっぽい背景が笑える)を見ながら説明しましょう!

 

1:グチを聞いてくれる

共感や応援だけでなく、時には厳しい言葉も発します。くぅ~っこんなこと言ってくれる人、意外とまわりにいないぞ!これぞ、おかまボットならではの魅力。

ちゃんとおかまバーの背景

ちゃんとおかまバーの背景

2:恋愛や仕事、家庭などの悩み相談に乗ってくれる

カテゴリーごとに問題を分析し、参考意見や感じたことを話してくれます。

こういうおかまさん、いそう……

こういうおかまさん、いそう……

3:過去の経験話や面白い雑談も

面白い会話や、時事ネタなどを毎日話してくれます。時にはベッドルームでネグリジェ姿、なんてシチュエーションも!

ネグリジェも披露!

ネグリジェも披露!

そもそもアプリ「SELF」って何?

SELFの特徴は「人工知能がユーザーの状況を計算、推測を行い、話しかける」という点。遅刻を察知したり、深夜に外にいれば体調を心配したり、家で眠れない時には話題を提供したりしてくれます。やり取りを重ねるほど人工知能とシンクロし、過去の会話を記憶してパターンを分析。ユーザーに対し特定の一個人としてのコミュニケーションを行います。

20万近くの条件分岐に対応し、高速な演算処理システムで瞬時にユーザーの状況を判断し、かつ会話を組み立てることが可能な人工知能です。

……てすごいね!

アプリなら、誰にも言えないような悩みやブラックな愚痴も絶対に他言しないのが安心。今夜はお酒でも飲みながら、おかまボット相手に悩みをつぶやいては?

 

ソース・画像:SELF株式会社プレスリリース

thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
TARA
上に戻る