RN 001963

遠隔操作ロボットによる介護サポートの実証テストを実施

2016.08.30  | 
WRITER:
tamago
 

ソフトバンク株式会社とM-SOLUTIONS株式会社が共同で行っている人型ロボット「Pepper」の介護施設での導入に向けた実証テストにおいて、ソフトバンクグループのアスラテック株式会社のロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper」(ブイアールコン・フォー・ペッパー、以下「VRcon」)を用いた検証が実施されました。

 

VRconの導入によって介護の現場にどのようなソリューションがもたらされるのでしょうか?

VRconとは?

まずはVRconについてご紹介いたいます。

VRconはスマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末からインターネット越しにPepperを遠隔操作できるようにするソフトウェアコンポーネントで、映像や音声を使ったやり取りも可能としています。

 

オペレーターの声をそのままPepperで出力でき、オペレーターがしゃべったりキーボード入力した内容を、Pepperの声で読み上げる機能にも対応しています。

ユーザーの操作に合わせたPepperの自然な動きの生成などに、アスラテックのロボット制御技術「V-Sido」のノウハウが生かされているそう。

>「V-Sido」について詳しく知りたい方はこちらクリック

VRcon構成イメージ図

VRcon構成イメージ図

つまり、オペレーター1人で複数の施設に対応することが可能となります。

コールセンターなどによる一極集中のソリューションも考えられますね。

介護現場にサービス向上と負担軽減を実証

今回の実証テストは、介護現場に遠隔操作ロボットを導入することで、十分な介護サービスの提供とヘルパーの負担軽減の両立の実現性を実証するためとのことです。

ヘルパーがPepperを遠隔操作して遠方の介護サービス利用者に対してコミュニケーションや見守りなどを実施しました。

このテストは東京都足立区の介護施設「わかばケアセンター」で2016年8月24、25日に実施され、多くの介護サービス利用者やヘルパーが体験しました。

 

導入が実現すれば激務と言われるヘルパーの負担が軽減されるとともに、人材不足の解消も期待できるのではないかと思います。

 

ソース・画像:

アスラテック株式会社

thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
TARA
上に戻る