RN 000183

当たっても痛くない!サッカーボールみたいなドローン

2016.01.07  | 
WRITER:
石井妙子
 

ついにうちの甥っ子(6歳)もドローンが欲しいと言い出しました。ネットでチェックするものの、プロペラが4つ付いたヘリコプターのような姿はなんだかメカメカしていて、ぶつかったら痛そう。これを子供にあげるのはちょっとな・・・。

そんな時に見つけたのが、ベルギー生まれのかわいいドローン、Fleye(フライ)です。残念ながらまだ製品化されていないそうですが、見てください!このキュートな姿。

ad8686506ecb296201462e31063501ad_original

 

「サッカーボールサイズ」と謳っているだけあって直径23cm、重さ450gとコンパクト。何よりプロペラ部分がカバーされているので、万が一ぶつかっても安全です。特許技術によって強力なプロペラの小型化に成功し、プロペラ1つのみで稼働しているのです。

上部と下部にカメラが設置されていて、スマートフォンのアプリで操作可能。動画も撮影できます。

f54270da4dd26db34f6cc23731115abf_original
384c7c912119bb632fb74702672a12f8_original

▲左:プロペラ部分 中:上部HDDカメラ 右:下部カメラ

さらに自律機能を持っているため、たとえばセルフィー撮影では指定距離まで被写体から離れて撮影したり、指定された高さまで上がって回転しながらパノラマ写真を撮ることも可能。7つのセンサーで周囲の状況を察知するほか、Wi-Fi接続機能やGPS機能も搭載しています。
d391ef8d0499a5c53ad52d6ab52011ea_original
そしてこのFleye、可能性を広げるためシステムはオープンプラットフォームとなっており、開発者たちが色々なアプリケーションを作れるようになっています。
試作品完成後、大量生産のための設備資金をクラウドファンディングサービスKICKSTARTERで募集したところ、無事に目標の17万5000ユーロ(約2300万円)を越える額が集まりました。Fleye本体がもらえるコースは599ユーロ(約8万円)からだったそうで、2016年9月に出資者へ発送予定です。
これまでマニアックな男性限定の趣味という印象のドローンですが、こんなかわいいなら、女性や子供にも人気が出そうですね。
thank you

この記事に関連するタグ

広告主募集
TARA
上に戻る