ロボットの未来
について語ろう

RN 011618

入力の反応速度は約0.02秒!人に最も近いロボットハンドを持つ「MELTANT」

まるで人間の手のようにしなやかな動きをするこのロボットは、繊細な作業だけじゃなく、重たいものを持つことだってできます。アバターロボットは人手不足など社会課題の解決にも役立ち、さらには″制約からの解放″をも実現してくれるかもしれません。

RN 011564

芝浦工業大学「紙のソフトロボット」開発!印刷すると自律的に折り畳み

必要なのは一般的なインクジェットプリンタと薬液だけ。電源もいらないのに動き出す「紙のソフトロボット」が開発され、幅広いものに応用できる技術だと期待されています!一方海外では″折り紙″から着想を得たロボットが開発されていました。

RN 011517

世界初のロボットベッド21年末に発売?!使うごとに睡眠の質が上がっていく「Bexx」

睡眠×テクノロジーの「スリープテック」。アプリやウェアラブルデバイスで睡眠の質を高めたり体の変化を計測できるようになっていますが、いよいよベッドそのものがロボット化!ユーザーの身体に合わせて変形し心地よい眠りを提供してくれます。

RN 011460

世界初!アバターロボット遠隔操作で一般人が街から宇宙にアクセス

″リモート″と聞くようになって久しい今日。地球上に限った話ではなく、宇宙へのアクセスに遠隔操作を活用する動きも見られます。また、アバターロボットを用いて宇宙空間での活用を目指す企業があり、賞金総額1,000万ドルの国際コンテストにはたくさんの日本チームが参加しています!

RN 011407

ソニーが21年春にドローン事業開始、国交省は″海のドローン″本格化へ!

数々のクリエイティブな事業を手掛けるSonyがドローン事業を始動しました。一体どんなドローンなのか、公開された映像を見ると・・・?!そしてドローンはいよいよ海へ。国交省は協議会を開催し、現在の課題と活用例を明らかにしました。

RN 011338

MR/複合現実とは―VR・ARとの違い、企業の活用事例を紹介!

現実とバーチャルを重ね合わせられる「MR」でどんなことができるのか、VR・ARとの違い、実証実験/実用化を進める製造業の事例をまとめました。″未来のテレワークはこんな形になるかも?!″というMRサービスも紹介。なんだか映画のような世界になってきています!

0001 / 0053
広告主募集
TARA
上に戻る